×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エゾウコギとはどういうもの?


エゾウコギにはどういう効能があるかというと、まずは疲労回復の効果があります。他には自律神経失調症の改善や性機能の回復、鬱(うつ)病、血中コレステロールを下げ、動脈硬化、心臓病の予防、癌には発達、転移を抑えたり、抗ガンなどかなり効果があります。などなどさまざまな効果があるといわれています。
中でも一番注目されているのは、疲労回復や、自律神経を整える役割が大きく期待されています。主流になっているのはエゾウコギ茶として摂取する方法です。お茶にして飲む事によりその効果が簡単に体感できます。
エゾウコギの主要成分はエレウテロシドA?Gという7種類のトリテルペイド配糖体や、血圧を下げたり自律神経のバランスを回復させるといわれているクマリン、血中コレステロールをなどをコントロールしてくれるステロール、、心臓の冠状動脈拡張作用・抗酸化作用が期待できるフラボノイド、興奮作用や抗疲労作用があるシリンジンなどさまざまな効能が期待できる成分がエゾウコギに含まれています。
ファンケル等でもエゾウコギ茶は簡単に手に入りますので、健康の為にぜひ試してみてください。


エゾウコギ茶の効用・成分☆


エゾウコギは正式名称(学名)はエレウテロコックになります。インターネットや書物などによってはこの名前で書かれている事もあります。エゾウコギはシベリア地方で多く生息し、その効用についてもロシアで多く確認されています。また日本に輸入されてきているものはシベリア産のものが多いので、別名でシベリア人参とも呼ばれる事もあります。エゾウコギより、シベリア人参という言葉の方が一般的になっているようです。
エゾウコギは日本でも北海道の北東部で生息していることが確認されていますのでエゾウコギと呼ばれています。しかし、エゾウコギの健康効果が確認され話題になったきっかけはロシア産の輸入されてきたものなのでシベリア人参という呼び名が定着しているようです。日本のエゾウコギとシベリア人参は同じものですが知らない人も多くいます。
基本的にはエゾウコギとシベリア人参は同一の植物ですが、シベリア人参は日本のエゾウコギよりロシアの厳しい環境で育っています。科学的な裏づけはないようですが、シベリア人参のほうが効果が高いといわれているようです。最近うつ病等も増えているようですが、そんな時にもエゾウコギは効果を発揮します。

エゾウコギ茶はストレス・うつにも効果がある☆


エゾウコギの根っこには、エレウテロサイド、カルシウム、イソフラキシジン等の成分が多量に含まれています。これらの成分はストレスを解消する効果が高いといわれており現在注目されています。エゾウコギはハーブの一種でありストレス解消効果があるという事は日本ではまだあまり知られていないのが現状です。海外でエゾウコギはすでに高い評価をえており、スポーツ選手やアスリートの方もエゾウコギ茶を飲まれているそうです。
エゾウコギには体質の改善や自然治癒力アップなどにも大きい効果を表します。 エゾウコギは現在の日本では医薬品ではありませんが、中国やロシアなどでは病気の時に治療薬として多く使用されているそうです。エゾウコギ茶等にしてエゾウコギを飲むことで副作用等は報告されていません。しかし飲んだ分だけ効果がある物ではありませんので、適量の摂取という事が必要です。ただ毎日エゾウコギを摂取する事がより高い効果が得る為に必要です。うつ等にも効果があるといわれてますし、寝る前やイライラした時等には、エゾウコギ茶を飲むというのもココロを落ち着かせる効果がありますのでオススメです☆

Copyright © 2009 エゾウコギ茶で疲労回復☆

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

ゴシップ